読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Acetaminophen’s diary

化学に関すること、TeXに関すること、ゆきだるまに関すること。

あけましておめでとうございます!

化学 TeX

さあ、2015年になった。今年は「国際光年」だ。

f:id:acetaminophen:20150101155826j:plain

というわけで、現在上野の国立科学博物館で開催中の「ヒカリ展」にも一層多くの方が訪れることだろう! 以前僕のブログで3回にわたり特集した記事もどうぞ。


「ヒカリ展」に行ってきた(1), (2), (3)

 

さて、先ほどツイートした「化学フォント」について。

元ネタは僕の友人で「化学屋」主宰者のツイート。

たぶん元ネタは ChemDraw あたりで描画してそのまま画像として保存したもの。これをあえて自作 LaTeX パッケージ chemobabel.sty で処理したものが僕のもの。今回は

  1. ChemSketch で構造式を描画して newyear2015.mol というファイルを保存
  2. Open Babel の構造式処理機能を用いて SVG 画像に変換
  3. InkscapeSVG を PDF に変換
  4. PDF 画像を LaTeX 文書中に \includegraphics で取り込む

という作業を行ったことになるのだが、その 2. から 4. を自作パッケージで自動化しているわけだ。詳細は以前の記事へ。

ChemSketch での描画に10分ほどかかり、LaTeX 処理まで合わせて合計15分で作業完了。簡単! ソースは Google サイトに置いておく:こちら

XyMTeX や chemfig より僕の chemobabel が優れているとすれば

  • すぐに画面上で分子量が計算される(結果、2015になる!)
  • LaTeX のコマンドを知らなくても WYSIWYG エディタで描いた .mol の取り込みなので、ものの10分で完了

といったところだろうか。

f:id:acetaminophen:20150101162144p:plain

 

というわけで、今年もよろしくお願いします!

 

追記:2014-01-02 なんと chemfig でもやっていただいた!

分子量は別途計算しなければならないが、スゴイ!