読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Acetaminophen’s diary

化学に関すること、TeXに関すること、その他雑多なこと。

夏といえば、やっぱり「ゆきだるま」!

TeX ネタ

暑い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。私は暑くて融けてしまいそうなのですが、今日は8月8日です。待ちに待ったナントカの日ですね!

というわけで、今日は、暑い日々にもめげずに必死で融けずにがんばっているゆきだるま☃を見て、涼むことにしましょう。

f:id:acetaminophen:20160808031038p:plain

☃ ⛄ ⛇ ☃ ⛄ ⛇ ☃ ⛄ ⛇ ☃ ⛄ ⛇ ☃ ⛄ ⛇ ☃ ⛄ ⛇ ☃ ⛄ ⛇ ☃

続きを読む

新しい pLaTeX の話:非公式リリースノート 2016 年版 (3)

TeX

本ブログでは、先月「コミュニティ版 pLaTeX」の 2016/05/07 について勝手に解説しました。割と好評でしたので、今回はそれ以降にリリースされた 2016/06/10、2016/06/10 patch level 1、2016/07/01 の 3 回分の(正味の)変更内容を勝手に解説します。

昨日 pLaTeX <2016/07/01> と upLaTeX <2016/07/01u01> がリリースされました。お手元の TeX Live にも数日以内に更新が反映されるはずです。

正式なリリース告知と重要なお知らせ(開発に関する議論)を、forum:1967 に出してあります。こちらもあわせてご参照ください。

以前の記事はこちらから:

目次

 

続きを読む

TeX Live 2016 の先へ:今後の注目ポイントまとめ

TeX

ついに先日、TeX Live 2016 がリリースされました。早速、TeX Live メンテナのお一人である Norbert Preining さんのブログ(英文)に、変更点が簡潔にまとまっています。

また、id:doraTeX さんのブログでも、日本語ユーザ目線で主要な変更点がわかりやすくまとめられています(ナントカBox に記事の多くを割く力の入れよう、doraTeX さんらしさが滲み出ている気がします)。

これらの良記事に触発されて、私もと「個人的に注目した変更点」をまとめることにしました。私らしさ(?)を出すために、大事なところは id:doraTeX さんにお任せすることにして、私は「TeX Live 2016 の先へ向けてぜひ注目したいところ」に重点をおいてみます。ちなみに昨年版(2015)はこちら

 

目次

 

続きを読む

新しい pLaTeX の話:非公式リリースノート 2016 年版 (2)

TeX

前回の続きです(新しい pLaTeX の概要や全体の目次は前回の記事を参照)。

【追記:2016-06-11】コミュニティ版 2016/05/07 には、本稿の 5. で解説している「ベースライン補正(縦組)で「Å」が乱れる問題を解消」という修正のやりかたがマズかったことにより、「すべてのアクセント文字」について多くの critical な副作用が生じてしまいました。

コミュニティ版 2016/06/10 では修正されています(参考:Issue #5)。TeX Live や W32TeX にも一両日中に反映されると思いますので、pLaTeX 2016/05/07 または 2016/04/17 をお持ちの方は 2016/06/10 に更新してください。

【追記:2016-06-20】コミュニティ版 2016/06/10 には、同じ「アクセント付き文字」でまた別の副作用(特別扱いされる i のアクセントに関係)が入っていました。

これはコミュニティ版 2016/06/10 patch level 1 (2016-06-19) で修正されましたTeX Live や W32TeX にも一両日中に反映されると思いますので、再度更新してください。

【追記:2016-07-01】トラブルが相次いだことから、この「アクセント付き文字」のパッチだけを一旦リセットしアスキー版の頃の挙動に戻しました。

コミュニティ版 2016/07/01 のほかの変更点も含め、こちらの記事を参照してください。

 

続きを読む

新しい pLaTeX の話:非公式リリースノート 2016 年版 (1)

TeX

TeX Live 2016 には「日本語 TeX 開発コミュニティ」によってカスタマイズされた新しい pLaTeX がインストールされます。W32TeX では 2016/05/02 以降は新しい pLaTeX が配布されていますし、TeX Live 2016 pretest をインストールした方も 2016/05/10 以降は新しい pLaTeX を持っていることになります。従来のものと何が変わったのか、ここで実際の画像を見ていただきながら説明していこうと思います。

あくまでこのブログは「日本語 TeX 開発コミュニティによる公式見解」ではなく、その中の一個人が独断と偏見を交えつつ(?)説明しようという試みであり、それ以上の意味を持たないことをことわっておきます。公式な告知は TeX Forum に出してあります。

 

変更点の超ダイジェスト(兼・目次)

詳しく説明する前に、ダイジェストで画像と一文解説だけ示しておきます。

それでは、実際にみていくことにします。各項目についている番号は、pLaTeX News Community Edition, Issue 1 (plnewsc01.tex) のセクションに対応しています。

続きを読む