読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Acetaminophen’s diary

化学に関すること、TeXに関すること、ゆきだるまに関すること。

pTeX の \dtou と ascmac パッケージの boxnote 環境の話

TeX
これは TeX & LaTeX Advent Calendar 2016 の 7 日目の記事です。一昨日(5 日目)に続いて 2 回目の参加です。昨日は doraTeX さんでした。明日も doraTeX さんです。

今年 2016 年は、pLaTeX と upLaTeX が「コミュニティ版」として生まれ変わった記念すべき年です。また、TeX ユーザの集い 2016 での北川さんの講演が「TeX Live 2016 の pTeX 系列のプリミティブ」という題でした。なんだか、2016 年はなにかと「pTeX まわりのあれこれ」が話題になった年だったように思います。

そこで、今回は pLaTeXpTeX に絡んだ話題です。

f:id:acetaminophen:20161207071953p:plain

 

続きを読む

TeX Live をホンキで語る ― 「TeX Live ってなんだろう?」

TeX
これは TeX & LaTeX Advent Calendar 2016 の 5 日目の記事です。昨日は tex-ut-tex さんでした。明日は doraTeX さんです。今年はあと一回、7 日目にも参加しました。

最近では、TeX Live のインストール手順のわかりやすい解説がたくさん世に出ています。内容も「最近はデフォルトの設定で簡単にインストールできますよ!」という事例紹介が多く、昔に比べると日本語の TeX 環境を整えるのが楽になったことの表れで好ましく思います。しかし同時に、TeX Live が成長し大きくなるにつれて、全体を俯瞰することがほとんど不可能になってしまったように思います。

f:id:acetaminophen:20161204224308p:plain

たとえばこんな疑問を持ったことはないでしょうか。

  • なんでパッケージは頻繁に新しくなるのに、LuaTeX は(既に v1.0 がリリースされているはずなのに)まだ 0.95.0 なの?
  • パッケージを作ったんだけど、TeX Live に入れてもらうにはどうしたらいいの?
  • プログラムのバグを見つけたんだけど、ソースコードはどこにあるのかな?

今回は、成長を続ける TeX Live の裏側、特に「TeX Live の開発者たちの行動」や「(pLaTeX やなんとかパッケージのような)一般の開発者と TeX Live の中央の開発者との関係性」に焦点を当てて、普段は意識しない TeX Live そのものに注目して「ホンキの解説」を試みます。開発活動について知りたい人にとっても、ちょっとカスタマイズしたい一般のユーザの方にとっても知って損はしない情報だと思います。

 

続きを読む

新しい pLaTeX / upLaTeX 2016/11/29 版の解説

TeX

昨日リリースした最新のコミュニティ版 pLaTeX / upLaTeX (2016/11/29) について解説します。

フォーラムにおける告知は forum:2081 です。

今回はめずらしく機能拡張にあたる変更が入っている点が魅力です。数式アルファベットを多種類(ローマン、イタリック、タイプライタ、ボールド、ボールドイタリック、カリグラフィ、黒板、…)使用したい場合にありがたい変更なのではないでしょうか。

f:id:acetaminophen:20161130073817p:plain

目次

なお、前回の記事 (2016/09/03, 2016/09/08) はこちら。

 

続きを読む

TeX ユーザの集い 2016 で講演しました

TeX
発表スライドをお求めの方はこちらをどうぞ ↓

TeX Live 2016 の新しい pLaTeX(山下 弘展)

PDF へのリンクは(GitHub page のディレクトリを整理するなどの関係上)今後変わる可能性もあります。今後も本記事からのリンクは維持しつづける予定ですので、上の PDF へのリンクではなく本ブログ記事にリンクしていただけると、到達できる可能性が高まります。

2年前に続いて「TeX ユーザの集い」でしゃべってきました。

TeX ユーザの集い 2016

日付:2016年11月5日(土)全日

会場:九州大学伊都キャンパス・センターゾーン センター2号館2106教室

主催:TeXユーザの集い2016実行委員会

今回は一般講演「TeX Live 2016 の新しい pLaTeX」という題で、(本ブログで何度も解説してはいますが)pLaTeX の最近の動向や今後の開発に関する話をしました。

pLaTeX は日本語組版デファクトスタンダードとなっている.しかし,幾つかの組版上の問題点や LaTeX の修正との不整合も指摘されていた.本講演では,TeX Live 2016 以降に収録されている,日本語 TeX 開発コミュニティによる新しい pLaTeX の現状を整理する.

発表スライドとアブストラクトは以下にあります:

今回は特別にソースコードも公開してあります。

発表の要点としては、前半が(本ブログで既に解説した)「コミュニティ版 pLaTeX」の変更点の解説、後半が今後の開発をどのように進めていくかという自分なりの考えを表明した、というところです。

f:id:acetaminophen:20161109004459p:plain

続きを読む

pLaTeX の新しいパッケージバンドル「platex-tools」の紹介

TeX

先日、新しい pLaTeX 対応パッケージ群をアップロードした。

既に TeX Live にも W32TeX にもインストールされたので、簡単に入手可能。

  • TeX Live r42263 (2016/10/15) ← collection-langjapanese に含まれる
  • W32TeX (2016/10/16) ← platex.tar.xz の一部

現在入っているのは、以下の5つのパッケージである。

いずれもpLaTeX で海外製パッケージがうまく動かない」という現象に対処するうえで有用だろう(特に縦組対策)。これらについて簡単に紹介(宣伝?)しておく。

GitHub リポジトリはこちら → platex-tools - The pLaTeX standard tools bundle

 

続きを読む